先日、キャリアデザインプログラムの個別カウンセリングを受けさせていただきましたので、こちらで体験談をシェアさせていただきます✍️️️️️️️️️️経験のある職種は、専門商社での営業・生産管理。W E Bデザイン・マーケティングは勉強中で、業務委託でのバナー制作等で実績を積んでおります。


<現在のキャリアの悩み・相談内容>

1. 新卒入社後1年半で産休・育休に入ったため、実績や経験があまりないことに対する漠然とした不安。

2. 5年後、10年後に理想のキャリアを築いている自分になるために、どのような道筋を辿ったら良いのか?理想の姿は、W E B制作会社等ではなく事業会社でマーケティング×デザインの仕事をしている自分。

3. 職務経歴書の、「実績」の書き方が難しい。
生産管理や企画系の職種はどのように書いたら良いのか?

4. 育休中にキャリアスクールでWEBデザイン・マーケティング等を学んだが、今後どう仕事に生かしていけば良いか?

5. 転職する場合、おすすめのエージェントは?

育休中にキャリアスクールやママボランで、私の中で目標にしたいロールモデルにしたいと思える方にたくさん出会い、自分が大事にしたいことや理想のなりたい姿がたくさんある中、5年後や10年後になりたい姿になるためには何が必要なのかをカウンセリングを通じて洗い出しました。


<相談に対してのアドバイス>

1. まずはビジネスマンとしての土台を3~5年かけてつくり、その後は3年を目安にキャリアチェンジやキャリアアップをしていくのが理想。

2. 「マーケティングの専門職性を身につける→チームを率いてマネジメント経験→事業会社への転身」と、具体的な道筋のアドバイスをいただきました。

3. 営業数字等で表せない実績は、「課題→取り組み→結果」で記載し、どのくらいの業務ボリュームをこなしていたかなど、可能な範囲で定量的に書くことが重要。職歴書自体作る経験が初めてだったので、細部まで添削していただきました。

4. デザインは学べる場が広がっているため、マーケティングのスキルを伸ばしていくことをアドバイスされました。私自身マーケティングの道に進みたいと思いつつ、「難しそう…」と思ってなかなか踏み切れない部分があったので、カウンセリングを通じて背中を押してもらえました。

5. 私の場合は年齢もあり、第二新卒枠で未経験募集を狙うことをアドバイスされました。子供がいることがハンデにならないか不安でしたが、ワーキングママに対しての考え方がわかった前提で会社に入ることができるといういい面もあると気づきがありました。中途採用でも同様、面接時点でのフィルターがミスマッチを防ぐことにもつながると思いました。


<ワーママとしてキャリアを進めていくために必要なこと>

時間は有限なので、いかに無駄を省くかが大事だというお話をしていただきました。出産前のように自由に残業したりすることができなくなる分可能な限り無駄を省く必要があり、それは仕事に限らず家事育児面でも必要だと気づきました。保育サービスや便利家電の活用により、仕事・家事・育児の様々な場面での取捨選択が必要だということをカウンセリングで教えていただきました。
ワーママとして転職する際のポイントとして、「面接時に自己開示すること」の必要性があると知り、事前にこういった情報収集をしてから面接に臨もうという気持ちになりました。

<私が考える個別カウンセリングの価値>

今回実際にカウンセリングを受けてみて、「ワーママに特化した」アドバイスがもらえるという部分での価値が非常に大きいと感じました。以前キャリアスクールでコーチングを受けた経験もあったのですが、母になり保育園のお迎え等時間的制約もある中での働き方は相談できなかったので、その部分のアドバイスを今回のカウンセリングでは頂けたことがよかったです。
また個別カウンセリングは、一人ひとりの悩みや相談に沿ったアドバイスをいただけるだけでなく、自分が抱く不安やモヤモヤを自信に変えて、背中を押してもらうことにも繋がると思いました。私自身、曖昧な部分がはっきりとして自分が目指す方向性を固めることができ、さらにそこに向かうための覚悟と勇気を今回のカウンセリングでもらいました。
キャリアデザインシートを事前に埋めて、それを活用しながらカウンセリングを進めていくのですが、シートを書いている時間にも自分の価値観やCANとWILLの洗い出しができました。その後プロのカウンセリングを受け、客観的に自分自身やキャリアを見つめ直すことで、時間が限られているワーママでも効率よくキャリアについて深掘りできるところに個別カウンセリングの価値があると感じました。

長くなってしまいましたが、今回の体験談がどなたかのご参考になれば幸いです🌻