4回の連続ワークショップで進めてきた、「シナリオプランニングで考える、ワーママの未来」。
   連続ワークショップは終わりましたが、「予兆集を作ろう!」ということで、先日続編を開催しました!


シナリオプランニングとは…
どんな未来になっても対応ができるように備えるための手法です。10年後の未来の物語をみんなでつくり、バックキャスティングで物事を考えていきます!

予兆とは…
シナリオプランニングで考えた10年後の2つの世界の「シナリオ」。今の社会は、どちらに近づいているだろう…?ということを知るうえで、現在のニュースの中から、それぞれのシナリオに近いものを見つけていくことです。


    今回は、以前作成した2つの世界のシナリオに近いニュースを、みんなでピックアップしながら話し合いを行いました。
    例えばこんな「予兆」のニュースが出てきました。


<景気が良くて自由な働き方ができて家事育児負担もない超いい世界>
・NTT「勤務場所は『社員の自宅』とする」    基本リモート、転勤なし    7月から主要グループ会社で
・ヤフー、通勤手段の制限を緩和し、居住地を全国に拡大できるなど、 社員一人ひとりのニーズにあわせて働く場所や環境を選択できる 人事制度「どこでもオフィス」を拡充
・ANAが導入「サバティカル休暇制度」専門家が指摘する長所と短所
・育休の愛称は「育業」に    東京都がイベント事業者と応援企業募集、取得率向上へ
・AIおもちゃ進化、家族そっくりの音声で読み聞かせ



<景気悪くて自由な働き方できず家事育児負担もある世界>
・円相場、一時1ドル=137円台に…24年ぶりの円安水準
・テレワーク制度見直しも…コロナ禍2年、製造業で浮き彫りになったデメリット
・「出社しなければ退職」、テスラCEOが従業員に2択迫る
・育休で孤立、復職に不安…「産後うつ」パパだって



  予兆となるニュースを読みあいながら、話し合った結果は次の通りとなります!

291756379_436608955003993_2993109093257112776_n.jpg 207.91 KB

    また、前回のワークショップの中で、「こんなことを備えていきたい!」と出ていた話の中から、「ママ」や「妻」という枠組みを一度外して、自分自身のやりたいことやかなえたいことについて向き合うワークショップを企画しました!
    ぜひ気軽にご参加ください!

「私」がかなえたい、Wish Listをつくろう!