ママボランでしか聞けない、さまざまなワーキングママの生き方・働き方を知るライフシェアシリーズ。

    今回は、ライオン株式会社の新価値創造プログラムNOILに応募し、自身の課題感である両立家庭の夕飯づくり手助けサービスが事業化された、「ご近所シェフトモ」事業責任者の廣岡茜さんのお話を聞きました。

    事業提案にあたっては、日々仕事と子育てで忙しい中でも、自分も子どもも大切にしたいという思いを大切にしていたとのこと。
    「私が欲しくて作ってるサービスだからこそ、自信もあるし、説得力もある」という廣岡さんの話が気になる会員の方は、下記よりアーカイブ視聴でもぜひご覧ください!5月末までの公開となっています。
    ※アーカイブ視聴は会員限定のコンテンツとなっています。