4回の連続ワークショップで進めてきた、「シナリオプランニングで考える、ワーママの未来」。
    前回は<景気が良くて自由な働き方ができて家事育児負担もない超いい世界 >と<景気悪くて自由な働き方できず家事育児負担もある世界>の2つのシナリオを作っていました。

    今回は、前回つくったそれぞれのシナリオの世界に自分が生きていることを想像して、2032年に、どんな働き方、どんな家族との生活になっているか?を考えていきました。

<景気が良くて自由な働き方ができて家事育児負担もない超いい世界>
・週休3日で働いているかも
・パラレルワークで、正社員週3日、個人事業主として週2日の勤務
・家族それぞれ好きなことをしていそう
などなど



<景気悪くて自由な働き方できず家事育児負担もある世界>
・夫が過労死して死別してそう…
・夫婦仲が険悪になって離婚…
・親の介護も重なって超大変な生活…
などなど



    その後、どちらのシナリオになっても、備えておいた方が良いことが何か?について、みんなでディスカッションをしていきました。

・家族や親せきと疎遠にならないようにしておく。特に悪い世界になった時は、何かあった時に助けてもらえる関係性が重要になりそう
・妻や母としてではない、「私として」の人生の目的や、やりたいことを明確にしておく。いい世界では自分の軸がしっかりしていれば叶えられそう。悪い世界でも、自分の軸がないと苦しくなる。
・自分軸を持つためには、自分の本当の気持ちに気付けるようにしておく。Wish Listをつくったり、自分のサインに気付けるようにする。
・心身の健康を保つこと、心の余裕を持てるようにしておく。余裕がないといい世界でも悪い世界でもしんどくなりそう。


第4回.jpg 189.41 KB


■参加してみての感想♪

・頭の体操になって、とても刺激的でした。
・いろんな方たちとテーマに沿って会話していくことが楽しかったです。
・シナリオプランニングで考えることで、よりリアルに備えておこう!と思えました!
・短期的な目標も明確になってきたので、復職に向けてモチベーションが戻りました
・悪い世界を想像したことで、ブレない気持ちや目標を考えることが重要なことなのだと実感しました!
・1個ずつアクションを起こしていけたらと思いました。
・今のうちから備えることは、コツコツ積み重ねだと感じました。


\予兆を考える会、開催決定/
    それぞれの世界の「予兆=このシナリオにつながる動きがあるニュース」を、持ち寄る会を開催することになりました♪
    ニュースへの感度が上がり、どっちの世界に近づいているか?などの予測がつきやすくなるワークショップです。興味がある方は気軽にご参加ください!

予兆って?
例えば、
いい世界:自由な働き方ができる
    →NTTが原則リモートワークに

悪い世界:自由な働き方できない
    →トヨタやテスラが原則出社に

などなど、2032年のシナリオに対して、今の現実世界で起こってるニュースがどのようなものがあるか?を考えていきます。