3回に分けて実施した、「リーダーシップに出会う瞬間」の著者である有冬典子さんをお呼びした読書会がすべて終了しました。

    「リーダーシップに出会う瞬間」は、物語形式になっていて読みやすい&成人発達理論をはじめとしたさまざまな理論がベースになっており、とても分かりやすい本です。
    今回は第5章と第6章でした。

    第5章 私らしさが大事
    第6章 コアリーダーになる!
    最終章 自分を本当に大事にする


    読書会の中では、「主人公を取り巻く脇役=サポーターがスゴイ」「そんなロールモデルいない…」という声からはじまりましたが、有冬さんから『ロールモデルって神話なんです』との発言が…!    ロールモデルは、社外メンターやママボランでのボランティアなど、外で見つける時代というのに一同納得でした。

    また、盛り上がっていたのは、「自分を生きる」とはどうすればよいのかということ。それは、何か発言をする際、「恐れからなのか、本心の願いからなのか」を常に自分に問い、心の声を聞き続けることが大事ということでした。

    どうすべき?ではなく、「どうしたい?」「何を大事にしたい?」を問いかけていくことは、職場だけではなくパートナーシップにも有効。どんな場面でも、自己犠牲をやめて無敵のリーダーシップを発揮していくうえでの根幹なんだなと実感でした。

    ご参加いただいたみなさん、ありがとうございました!

読書会.jpg 218.38 KB